法事って何?

96e51b8966d9f27489a2b534057608ec_s
 

世の中には「慶事」という「祝いごと」がある一方で、「法事」というものが存在します。「法事」とは、その反対語として用いられている「弔事」のうちのひとつであり、故人の冥福を祈り、僧侶による読経などの法要を含める仏教行事・儀式のことを指します。法事を構成する要素としては、読経や焼香などが行われる法要、そして法要後にはお斎(おとき)と呼ばれる会食を開くケースが多いです。日本においては法事の形態は多岐にわたり、その中でも、とりわけ故人を供養する上で重要である「初七日(しょなのか) 法要」や「四十九日(しじゅうくにち) 法要」などの法要は世間で広く認知されているのではないでしょうか。

具体的にどのようなものがあるの?

初七日、四十九日、年忌が一般的

 

では、法事とは具体的にどのようなものがあるのでしょうか。前述した通り、日本においてはあらゆる法事が存在しますが、主たるものを簡潔にまとめると右記の表のようになります。この表における“時期”とは命日を基準に、命日を含み何日目であるかということを指し、当日に法要を行うのが最良ですが、平日である場合や都合がつかない場合は、直前の休日や他の日付へ前倒しをして行うことが適しているとされています。この際、後ろ倒しをして法要を行うことは、縁起が良くないとされています。葬儀・告別式ののち、まず迎えるのが初七日ですが、これが最近では「繰り上げ初七日法要」と呼ばれ、葬儀当日、火葬場から戻った際にまとめて行うケースが多いと言われています。加えて、最近の傾向では、初七日、四十九日、一周忌、三回忌、七回忌、これら五つ以外の法要は省略される場合や遺族のみで行うものが多いようです。また、これらの法事は先に進むに従い、参列者数や開催規模を縮小していくことも一般的であるとされています。

追悼法事
法事 時期 参列 内容等
初七日 7日目 遺族・親族・その他参列者 僧侶による読経、参列者一同による焼香・会食
二七日忌 14日目 遺族のみ 読経・焼香は省略される場合あり
三七日忌 21日目 遺族のみ 読経・焼香は省略される場合あり
四七日忌 28日目 遺族のみ 読経・焼香は省略される場合あり
三十五日 35日目 遺族のみ 読経・焼香は省略される場合あり
六七日忌 42日目 遺族のみ 読経・焼香は省略される場合あり
四十九日 49日目 遺族・親族・その他参列者 僧侶による読経、参列者一同による焼香・会食
百か日忌 100日目 遺族のみ 読経・焼香は省略される場合あり
年忌
一周忌 満1年目 遺族・親族・その他参列者 僧侶による読経、参列者一同による焼香・会食
三回忌 満2年目 遺族・親族・その他参列者 僧侶による読経、参列者一同による焼香・会食
七回忌 満6年目 遺族・親族のみ 供養
十三回忌 満12年目 遺族のみ 供養
十七回忌 満16年目 遺族のみ 供養
二十三回忌 満22年目 遺族のみ 供養
二十七回忌 満26年目 遺族のみ 供養
三十三回忌 満32年目 遺族・親族のみ 供養 (この法要にて弔い上げの場合が多い)

行うに当たって何をすればいいの?

場所の確保

 

法事の施主となる場合、大きく分けて二つ、手配しなければならない場所があります。まず一つ目が、法要を行う会場の確保です。法要は自宅でも可能ですが、最近、とりわけ都市部では自宅において法要を行うスペースの確保ができないという理由により、寺院やホールなどのスペースを借りて法要を行うケースがほとんどです。そして二つ目が、食事を行う会場の確保です。施設内にレストランが備えられている斎場もありますが、もし無いようでしたらホテルやレストランを用意しておく必要があります。最近では、大人数で集まる法事は減ってきており、個室の用意できるレストランを予約し、法事を行うことも一般的に なってきています

豊川市・豊橋市で法事なら北海道

費用

 

施主として法事を行うにあたり、それにかかる費用を簡潔にまとめると以下の表のようになります。ここで示している金額はあくまで目安ですので、「参考にしていただけたら幸いです。」というようなニュアンスで理解していただいて構いません。法要には、読経をしていただく僧侶をお招きする必要があるため、その僧侶にお渡しする「御布施(読経料)」を用意しなくてはいけません。外部の寺院などを借りる場合は、そこへ支払う「御席料」も必要となります。また、法要後の会食は原則として僧侶も同席するものであるため、ご本人が同席をご遠慮された場合に限り「御膳料」というものを僧侶へ渡すことが一般的とされています。加えて、僧侶のご招待に移動が伴う場合、僧侶には「御車代」を渡すものとされています。

一般的な額 (円) 備考
御布施 3万円~5万円 僧侶に読経をしてもらう場合に発生
御席料 1万円 ※寺院を借りる場合にのみ発生
御膳料 5千円~2万円 ※僧侶を呼ぶ場合にのみ発生
御車代 5千円 ※会食を用意しない場合にのみ発生
御塔婆料 3千円 ※卒塔婆供養をする場合にのみ発生

連絡

 

遺族、あるいは親族などの近親者のみで法事を行う際には、口頭での打ち合わせや、電話連絡などのものにより済ませてしまってもいいのですが、これが遺族・親族に加え、他の参列者を招く場合、その方々へ向けた案内状を送付する必要があります。さらに人数を把握の上、施主は引き出物を用意します。引き出物は5000円以内のものが一般的でしょう。

どのような格好で行けばいいの?

シチュエーションにふさわしい喪服で

 

基本的に一周忌までは、葬儀の際の服装と同じ格式のものを着るのが一般的とされており、三回忌以降は準喪服や略喪服へと喪服の格式を下げて行っても良いとされています。ちなみに、喪服を着る際に格式というのは必ず留意しなければならないポイントであり、参列者は喪主や遺族の格式よりも上のものは着てはならないというマナーがあります。よって、正喪服という分類になる和装は、喪主や遺族ではない限り避けたほうが良いでしょう。

男性 女性
正喪服 和装・モーニングコート 和装・ブラックフォーマル(ワンピース / アンサンブル)
準喪服 ブラックスーツ ブラックフォーマル(ワンピース / アンサンブル / スーツ)
略喪服 ダークスーツ 地味目のワンピースアンサンブル / スーツ
共通 結婚指輪はOK。ネクタイピンは避ける。 派手な化粧は避ける。ネイルやマニキュアなどは落とす。結婚指輪と真珠アクセサリーはOK⇒二連のものは厳禁(連なりを意味する為)